2011年10月27日

クリック365の特徴(4)


クリック365は、通貨ペアが決まっていて、それが現在は25ペアほどあるということ、お分かりいただけましたでしょうか。
これだけの通貨ペアがあれば、ほとんどのかたは文句も出ないでしょう。
さて、クリック365は他にもまだ特徴があります。
税率が一律20%だということです。
これは、外国為替証拠金取引を行うかたがたにとって非常に喜ぶべきことであります。
たぶん、クリック365が持つ特徴の中で、もっともメリットが高いのではないかと思われる特徴ではないでしょうか。
通常の外国為替証拠金取引におきましては、給与所得が2000万円以下のかたであれば、取引の利益が年間で20万円以下であった場合、確定申告をする必要はなく無税となります。
ですが、外国為替証拠金取引での利益が年間で20万円以上であった場合には、所得と外国為替証拠金取引での利益を合算した上での税金がかかってしまうのです。
雑所得の最高税率というのは、約50%なのですね。
それが、クリック365による為替取引の場合であれば、申告分離課税が適用されますから、外国為替証拠金取引においてどんなに多くの利益が出ても20%の税率で良いと言うことになっているのです。
どうですか。
これなら、クリック365で取引してみようかな・・・と思うのではないでしょうか。
ただし、初心者のかたが外国為替証拠金取引でたくさんの利益を出すのは、噂で耳にするほど簡単なことでは決してありませんのでご注意ください。


ネットワークビジネス Wiki
1日1時間で成功する理由
ネットワークビジネス会社ってどれくらいあるの?
ネットワークビジネスで被害を受けない方法
自宅にあなたの社長室!
posted by 佑之助 at 17:44| Comment(0) | ネットワークビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クリック365の特徴(3)

クリック365の特徴はいくつかありますので、本日も引き続きます。
さらなる特徴として、売買する通貨ペアが決められている・・・ということが挙げられるでしょう。
クリック365を取り扱っている業者は、どこであっても通貨ペアが決められていて、それ以外の通貨ペアで売買することは出来ません。
ですが、当初、クリック365が発足された時点では、そのペアもたったの7通りでしかなかったものが、現在では25通りにまで増えました。
日本国内の外国為替証拠金取引におきましては、一番人気のあるペアは、やはり米ドル/円のペアなのですが、世界規模で見てみますと、一番人気があるのは米ドル/ユーロのペアなのです。
以前は、このペアがなかったため、一部ではクリック365は使えないというようなことを言うかたもいらっしゃいました。
ですが、米ドル/ユーロを含めた25もの通貨ペアで売買出来るようになりましたから、クリック365の人気も高まってきたというわけです。
その25もの通貨ペアというのは、次の通りです。
まずは、円が絡むペアのご紹介をいたしますと、米ドル/円、ユーロ/円、カナダドル/円、豪ドル/円、NZドル/円、英ポンド/円、スイスフラン/円、香港ドル/円、南アフリカランド/円、トルコリラ/円、メキシコペソ/円、ポーランドズロチ/円、スウェーデンクローナ/円、ノルウェークローネ/円。
そして、円が絡まないペアは、ユーロ/米ドル、米ドル/カナダドル、英ポンド/米ドル、豪ドル/米ドル、NZドル/米ドル、米ドル/スイスフラン、ユーロ/英ポンド、・ユーロ/豪ドル、ユーロ/スイスフラン、英ポンド/スイスフラン、英ポンド/豪ドルです。

引きこもりが金持ちに!?
ネットワークビジネスと心理学
生活費を稼ぐだけの人生で満足ですか?
自己紹介プロフィール ネットワークビジネスを始めた理由
ネットワークビジネス初心者でも安心できる情報

posted by 佑之助 at 17:41| Comment(0) | ネットワークビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クリック365の特徴(2)

前回より、クリック365の特徴をご紹介しています。
前回、お話しいたしました最後の方で、「クリック365に加盟している業者は、どの会社であっても東京金融取引所で決定される同じスプレッド、そして同じスワップポイントで取引ができることとなります。」と書きましたが、この中の「スプレッド」と「スワップポイント」が分かりにくかったと思いますので、本日はその説明です。
この用語は、実際に外国為替証拠金取引を行ったことがあるかたでしたら、ご理解いただけていると思うのですが、まだ行った事がないかたでしたら、全くわからないですよね。
確かに、行った事がないかたに、わかるように説明するのは非常に難しいことです。
ですから、出来るだけ分かりやすく簡単に説明することにいたしましょう。
外国為替証拠金取引で言う「スプレッド」とは、売値と買値の価格差の事を言います。
要するに各通貨は、売値と買値が異なっているということになりますね。
もうひとつ「スワップポイント」とは、取引する二国間の通貨同士の金利差ということになります。
たとえば、現在「円」は大変な低金利ですが、「オーストラリアドル」などは、円に比べますと非常に高金利です。
このように、通貨には金利があるということです。
クリック365に加盟している業者であれば、東京金融取引所で決まる同じスプレッドとスワップポイントで取引が出来るということは、つまり、クリック365に加盟していない業者の場合は、スプレッドやスワップも業者によって決まっていないということになりますね。
クリック365の場合よりも、高い場合もあれば、低い場合もあるということになります。
ご理解いただけましたか。
posted by 佑之助 at 17:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。